審美性にすぐれた金属バネの目立たない部分入れ歯(ジェイロックデンチャー・マグロックデンチャー) 総入れ歯の専門医院・かなや歯科医院 千葉県船橋市

ホーム 院長紹介 診療時間 アクセス 治療費 お問合せ

インプラントについて考える

歯を喪失したとき、皆さんは治療方法としてまず何を考えますか?
ブリッジを考えますか?
ブリッジは選択肢としてはいいと思います。私もそうなったら選択肢のひとつとして考えますから。
歯を削るというデメリットはありますが、入れ歯のように着脱をする必要はありません。
でも、歯がない状態(欠損様式)によってはブリッジができない場合も往々にしてあります。
ブリッジがだめなら、インプラントという選択肢もあります。
近頃は、インプラント主流のような風潮です。
開業医もこぞってインプラントを導入しています。歯科専門誌でもインプラントの講習会の広告花盛りというわけです。しかし、そんなに簡単にインプラントの技術は習得できるものではないと私は考えます。
顎の骨にドリルで穴を開けインプラントを埋め込むのですが、それも異物を生体内に入れるわけでそんなに安易にできるものではないはずです。
まして、埋め込んだインプラントを不本意にも撤去する必要がでたとき、相当のスキルにある優秀な歯科医師でなければ撤去できないでしょう。
リカバー(元どおりにすること)できて当たり前が、インプラントではそうとも言えないようです。
インプラント撤去手術は保険適用となっています。
埋入は自費、撤去は保険。面白いですね。
どちらにしても、
インプラントは、

1)   手術のリスクが高い
2)   高額な費用がかかる
3)   高齢者の多くは他に病気を持っている
4)   歯周病を完全に治癒できない。さらに高齢になった後の口腔衛生の問題

などなど、問題は山積だと思いますが、いかがでしょうか?

〒274-0064
千葉県船橋市松が丘4-5-17

ジェイロックデンチャーの特徴
○ 鉤歯にやさしい着脱時のテンションフリー
○ ウィングをさらに小さく設計できるため従来のノンクラスプデンチャーより審美性を高めることができる。
○ 片側遊離端、両側遊離端義歯にも適応

オリジナルの審美入れ歯

計測機器等の積極的利用

その他の最新入れ歯

院長ブログ

リンク集