審美性にすぐれた金属バネの目立たない部分入れ歯(ジェイロックデンチャー・マグロックデンチャー) 総入れ歯の専門医院・かなや歯科医院 千葉県船橋市

ホーム 院長紹介 診療時間 アクセス 治療費 お問合せ

すべては石膏模型からはじまる!

入れ歯をつくるにあたって、まずは、
入れ歯の型を採った後、そこに石膏を流し込んで入れ歯をつくる模型を製作します。
さて、
義歯の講習会などでは、入れ歯の型の採り方で相当の時間を割いて講義します。私もいろんな講習会に参加しました。型の採り方からはじまって、入れ歯のかたちはかくあるべき等、義歯の講習会は延々続くわけです。
精密な型を採る為に材料もいろいろあります。高価な材料である、シリコーン材料などなど。自費にはやっぱり高価な材料でなきゃだめだ。なんて、本当のところそうなんでしょうか?
ちょっと待った!
高けりゃいいってもんではありません。使い慣れた材料で、その材料の物性をきちんと理解できていれば、ふだん使っていないシリコンなんか使うより正確に型取りをおこなうことができます。したがって高価な材料を用意する必要は全くありません。それどころか、慣れない材料,あつかいづらい材料を使用するほうが技術的なミスを犯してしまう確率が高くなります。使い慣れた材料をメーカー指定の手順に従っておこなえばミスは出なくなります。
それよりも、石膏模型でいかに正確にオリジナルと同じ歯型を再現できるかにかかっています。
かなや歯科医院では、

1)超硬石膏を使用しています。膨張率が極めて低いので、より正確な模型ができます。
2)石膏と水を混ぜる割合を正確に計測しています。石膏も水も重量計(0.1g単位)で計って石膏メーカー指定どおりにおこなっています。
3)バキュームミキサーを使用しています。小さな気泡が入るとせっかくの精密な型取りが無駄になります。かなや歯科医院ではバキュームミキサーという装置で、真空にして石膏を練ることで気泡を抜いて、患者さんの大事な型を最高の状態で技工所に 届ける努力をしています。真空で練ることで石膏面が滑らかで特に金属床においては金属面の滑らかさに著しい差が出ます。
石膏を真空練和で気泡を除去

〒274-0064
千葉県船橋市松が丘4-5-17

ジェイロックデンチャーの特徴
○ 鉤歯にやさしい着脱時のテンションフリー
○ ウィングをさらに小さく設計できるため従来のノンクラスプデンチャーより審美性を高めることができる。
○ 片側遊離端、両側遊離端義歯にも適応

オリジナルの審美入れ歯

計測機器等の積極的利用

その他の最新入れ歯

院長ブログ

リンク集