審美性にすぐれた金属バネの目立たない部分入れ歯(ジェイロックデンチャー・マグロックデンチャー) 総入れ歯の専門医院・かなや歯科医院 千葉県船橋市

ホーム 院長紹介 診療時間 アクセス 治療費 お問合せ

上下の総入れ歯

上下の総入れ歯を新しくつくりました。いや、下の入れ歯はさらにコンフォート入れ歯に変身させるために、あと何回か治療回数が増えます。
この患者様、
入れ歯を20年以上使用していたが、噛み合わせは良いのですが、繊維質のものが噛み切れないとのことでした。でも私がみても噛み合わせはとっても良さそうです。
というわけで、噛み合わせはそのまま、つまり、ダビングして入れ歯を新しくすることにしました。
スパッとなんでも噛み切れるように
人工歯も、下の入れ歯には陶材(せともの)のものを使用し、オリジナルのまま(つまり調整するため削って丸くしない)で使用しました。
下の歯は包丁で、上の総入れ歯の歯はまな板の役割を与えました。
ダビングデンチャーで入れ歯を複製します。上の総入れ歯で噛み合わせはそのままで、前歯の並び方を少々変更しました。旧義歯です。前歯は少し出ています。その割に奥歯が控えめな感じ。


ダビングデンチャーで入れ歯を複製します。上の総入れ歯で噛み合わせはそのままで、前歯の並び方を少々変更しました。より薄く、よく噛める入れ歯に変身!金属で、より薄く丈夫に!かつ、奥歯の位置をもう少し広げました。舌の動きがよりスムースになるはずです。


ダビングデンチャーで入れ歯を複製します。下の総入れ歯で噛み合わせはそのままで、前歯の並び方を少々変更しました。下の旧義歯です。奥歯の噛む部分がツルツルリンです。これでは確かに噛み切るのが難しいでしょう。


ダビングデンチャーで入れ歯を複製します。下の総入れ歯で噛み合わせはそのままで、前歯の並び方を少々変更しました。金属の丈夫さを兼ね備えた下顎の総義歯となりました。新しい下の入れ歯です。奥歯は、山と谷をそのままにしてせとものの歯なので硬く、何でもすっぱりきることができます。さらに金属フレームで補強をしています。噛む力に負けて割れる心配はありません。さらに、コンフォートでシリコンで裏打ちをします。さらに噛める入れ歯に変身する予定です。

〒274-0064
千葉県船橋市松が丘4-5-17

ジェイロックデンチャーの特徴
○ 鉤歯にやさしい着脱時のテンションフリー
○ ウィングをさらに小さく設計できるため従来のノンクラスプデンチャーより審美性を高めることができる。
○ 片側遊離端、両側遊離端義歯にも適応

オリジナルの審美入れ歯

計測機器等の積極的利用

その他の最新入れ歯

院長ブログ

リンク集