審美性に優れた金属バネの見えない部分入れ歯(ジェイロックデンチャー・マグロックデンチャー) 総入れ歯専門医院・かなや歯科医院 千葉県船橋市

ホーム 院長紹介 診療時間 アクセス 治療費 お問合せ
カテゴリー【ダビングデンチャー】
総入れ歯(oリングボタン義歯)

今使っている慣れた入れ歯をダビングして、新たに入れ歯を製作しました。しっかりした歯が根だけですが1本残っていましたので,それを利用してはずれない総入れ歯とすることにしました。


はずれない総入れ歯(総義歯)なんてことはない総入れ歯のようにみえますが、はずれない総入れ歯です。


歯根につけたボタンその秘密は、1本残っていた根にボタンを付けて入れ歯がそれにパチンとはまり込むからです。


入れ歯に取り付けたoリング義歯に取り付けたoリングです。シリコン製で、従来の黒いゴムのリングより耐久性があります。オリジナルカスタムメイドです。


金属プレートで補強金属で補強して、強く噛む力にも割れない丈夫な入れ歯となっています。

トラックバック https://kanaya-shika.jp/archives/1609/trackback
コンフォート入れ歯の完成

本日、コンフォート義歯(シリコンのやわらか入れ歯)を、患者様にセットしました。
この方は今まで使用していた入れ歯の噛み合わせをそのままにダビング(複製)して上下の入れ歯をつくっていました。感覚の鋭い方でミクロン単位の噛み合わせが必要でした。そのため下の総入れ歯は予定より4回多く回数がかかりました。
でも,今日のセット時は所要時間は数分で、最終の調整の必要は無用だったことは言うまでもありません。
コンフォート義歯は、セット時には調整の必要がありません。
ダビングで噛み合わせを再現した後にシリコンのやわらか入れ歯を完成よく噛めるため金属プレートで補強しています。


ダビングで噛み合わせを再現した後にシリコンのやわらか入れ歯コンフォートを完成内面は、シリコンでできているため柔らかく包み込むように歯肉にはまり込んでいきます。


ダビングで噛み合わせを再現した後にシリコンのやわらか入れ歯コンフォートを完成辺縁にシリコンが透けて見えるのがわかります。

トラックバック https://kanaya-shika.jp/archives/1451/trackback
上下の総入れ歯

上下の総入れ歯を新しくつくりました。いや、下の入れ歯はさらにコンフォート入れ歯に変身させるために、あと何回か治療回数が増えます。
この患者様、
入れ歯を20年以上使用していたが、噛み合わせは良いのですが、繊維質のものが噛み切れないとのことでした。でも私がみても噛み合わせはとっても良さそうです。
というわけで、噛み合わせはそのまま、つまり、ダビングして入れ歯を新しくすることにしました。
スパッとなんでも噛み切れるように
人工歯も、下の入れ歯には陶材(せともの)のものを使用し、オリジナルのまま(つまり調整するため削って丸くしない)で使用しました。
下の歯は包丁で、上の総入れ歯の歯はまな板の役割を与えました。
ダビングデンチャーで入れ歯を複製します。上の総入れ歯で噛み合わせはそのままで、前歯の並び方を少々変更しました。旧義歯です。前歯は少し出ています。その割に奥歯が控えめな感じ。


ダビングデンチャーで入れ歯を複製します。上の総入れ歯で噛み合わせはそのままで、前歯の並び方を少々変更しました。より薄く、よく噛める入れ歯に変身!金属で、より薄く丈夫に!かつ、奥歯の位置をもう少し広げました。舌の動きがよりスムースになるはずです。


ダビングデンチャーで入れ歯を複製します。下の総入れ歯で噛み合わせはそのままで、前歯の並び方を少々変更しました。下の旧義歯です。奥歯の噛む部分がツルツルリンです。これでは確かに噛み切るのが難しいでしょう。


ダビングデンチャーで入れ歯を複製します。下の総入れ歯で噛み合わせはそのままで、前歯の並び方を少々変更しました。金属の丈夫さを兼ね備えた下顎の総義歯となりました。新しい下の入れ歯です。奥歯は、山と谷をそのままにしてせとものの歯なので硬く、何でもすっぱりきることができます。さらに金属フレームで補強をしています。噛む力に負けて割れる心配はありません。さらに、コンフォートでシリコンで裏打ちをします。さらに噛める入れ歯に変身する予定です。

トラックバック https://kanaya-shika.jp/archives/1374/trackback

ブログカテゴリー

検 索

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930